NEWS

春季リーグの振り返り・秋季リーグへの意気込み 慶應義塾大学

春季リーグ戦の振り返り・秋季リーグ戦に向けて 春季リーグ戦は、5位という悔しい結果に終わった。最初の法政大学とのカードを落としてから上手く波に乗れないまま明治大学戦では大敗を喫してしまった。最終カードの立教大学戦までに練習方法を大きく変更し、2戦連続逆転勝ちをすることができ最後の意地を見せることができたが、春季リーグ戦は課題の残るシーズンとなった。この結果を受けて、秋季リーグ戦に向けてチーム全体で振り返りをし、やれることを全てやるつもりで練習してきた。春季リーグ戦の雪辱を晴らし、優勝したいというパッションを持って日々の練習に取り組んでいる。4年生にとっては最後のシーズン、優勝して有終の美を飾りたい。 慶應義塾大学体育会準硬式野球部 主将 服部智大