NEWS

新年のご挨拶・・・理事長 大橋 弘隆

 新年明けましておめでとうございます。

 今年の干支は、「壬寅(みずえのとら)」で、厳しい冬を乗り越え、新しいステージに向かう準備段階の年と言われているようです。

 東京六大学準硬式野球連盟は、今年創立75周年を迎える事になり、正に諸先輩方が築き上げてきた伝統を踏まえつつ、新しい姿を目指して行くためのスタートの年となります。

 本連盟においては、多様性のある方々が多く集い、切磋琢磨しながら準硬式野球(JUNKO)を楽しみ、さらなる高みを目指して行く中で、75周年記念事業を企画すると共に、さらにそれを超えて、100周年に向けて力を合わせて前に進んで行きたいと思っています。

 その75周年記念事業の幕開けとして、「JUNKO EXCEED 75」をスローガンにして、昨年12月20日~23日に宮古島遠征を実施致しました。大学、学年を超えて選抜チームを作り、選手達が力を合わせてプレーする姿は、我々に新たな姿を見せてくれたものと思います。また、野球以外でも、海岸の軽石清掃、高校での進路相談授業等で学生達の普段見る事のできない能力を垣間見る事ができました。

 今年はこのような事を踏まえつつ、連盟幹部、学生の皆さんが力を合わせて100周年に向けたグランドデザインを作り上げる年にしたいと思います。

 ご協力の程よろしくお願い致します。 

 

東京六大学準硬式野球連盟

理事長 大橋 弘隆