2016年度【春季リーグ戦】

4/30(土) 慶応義塾大学 vs 東京大学

試合結果

2016年04月30日 (土)  球場:ネッツ多摩昭島スタジアム

東京大学 - 慶應義塾大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 7 1
0 0 0 2 0 0 2 0 × 4 10 0

本塁打:

三塁打:下澤(TOKYO)

二塁打:

戦評

慶應が勝ち星をあげた。第二試合、東大対慶大。東大は立教戦で好投した二宮信広(3年=松山東)が先発。4回にエラーから2失点してしまうが、粘り、慶應とシーソーゲームを演じる。慶應は竹原雅貴(3年=横浜翠嵐)が先発も、2回先頭の下澤善広(2年=筑波大駒場)が三塁打で出塁すると、コントロールが定まらず、3四死球を与え、先制点を許す。しかしその後粘りのピッチングを見せ、6回1失点で2番手吉野元(4年=慶應義塾)につなぐ。7回吉野元は連打で点を失うも、その裏連打でチャンスを作り、猪砂雄介(4年=立命館宇治)のタイムリーで勝ち越す。8回からは高木健太郎(4年=刈谷)が東大打線をシャットアウトし、逃げ切った。 慶應義塾・猪砂雄介 (勝ち越しタイムリーを放ったことについて)今まで打てておらず、チーム内で迷惑をかけていた。その中で何とか1本と思っていたので、打てて良かった。また今日は苦しい試合だったが、最近チームで、どんな場面でもいつも通りプレーすることを心がけており、それを実践できたことが、勝ちに繋がったと思う。 東大・二宮信広 7回の裏、点を取られてはいけない場面で、変化球が高めに抜けてしまったことが反省点。立教戦、慶應戦と試合が作れているのは、低めを意識できているからだと思うので、これからも続けていきたい。

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
二宮 8 37 10 0 3 3
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
竹原 6 24 3 3 5 1
吉野 1 6 3 0 0 1
高木 2 6 1 3 0 0

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 8 小田 3 1 0 1
2 6 居城 3 1 1 0
3 5 佐藤 3 1 0 1
4 7 下澤 4 2 0 0
5 9 岩崎 3 0 0 1
6 4 小澤 2 0 0 2
7 3 西村 3 1 1 1
8 2 近藤 3 0 0 0
9 1 二宮 3 1 0 0
PH 和田 1 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 7 渡邊 5 1 0 0
7 合田 0 0 0 0
2 3 猪砂 3 1 1 1
3 4 井筒 4 2 0 0
4 5 大島 3 2 1 0
5 8 大瀬 3 2 1 0
6 9 田口 2 1 0 0
PH 鈴木 1 1 0 0
9 岡村 1 0 0 0
7 2 有賀 3 0 1 0
8 1 竹原 2 0 0 0
1 吉野 0 0 0 0
PH 大町 1 0 0 0
1 高木 1 0 0 0
9 6 潮田 2 0 0 0
PH 川崎 1 0 0 0
6 城下 0 0 0 1