2016年度【春季リーグ戦】

5/28(土) 慶應義塾大学 vs 法政大学

試合結果

2016年05月28日 (土)  球場:法政多摩グラウンド

慶應義塾大学 - 法政大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
0 1 1 1 0 0 0 0 1 4 11 1
0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 10 0

本塁打:高木(KEIO)

三塁打:中村(HOSEI)

二塁打:大町(KEIO)、中村(HOSEI)、萩原(HOSEI)

戦評

勝てば法大のリーグ優勝の決まる一戦では慶大・竹原雅貴(3年=横浜翠嵐)、法大・末次慶一郎(4年=佐賀北)の両エースの先発で始まった。慶大は末次の立ち上がりを攻め、2回に大町怜央(2年=修道)の適時二塁打で先制すると、3回4回にも1点ずつ加え3点をリードする。追う法大は5回、1点を返し更に二死二、三塁から中村聖弥(4年=藤代)の適時三塁打で同点に追いつく。慶大は7回に一死一、二塁のピンチを招いたところで先発竹原から高木健太郎(4年=刈谷)にスイッチ。後続を抑えると、9回に自らのバットで決勝点となるライトへの勝ち越しのソロ本塁打を放ち、慶大が接戦を制し、優勝への希望を残した。 慶大・高木健太郎 「自分はあくまでもピッチャーだが、勝利に貢献できたことは嬉しい。ただ明日勝たなければ意味がないので、気を抜かずに本職のピッチングで強打の法大を抑えたい。」 法大・永田直主将(4年=桐蔭学園) 「とにかく悔しいです。いいゲームだったけど、相手投手に抑えられてしまった。明日打って勝ちに行くしかないです。」

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
竹原 6 1/3 29 8 0 2 3
高木 2 2/3 9 1 0 0 0
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
末次 9 39 11 4 2 4

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 7 渡邊 5 2 0 0
7 合田 0 0 0 0
2 6 猪砂 4 1 0 1
3 3 井筒 4 2 1 0
PR 岡村 0 0 0 0
3 藤川 1 0 0 0
4 5 大島 4 1 0 0
5 8 大瀬 4 2 0 0
6 9 大町 3 1 1 1
7 4 城下 2 0 1 0
PH 鈴木 1 0 0 0
4 0 0 0 0
8 2 有賀 4 0 0 0
9 1 竹原 3 1 0 0
1 高木 1 1 1 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 5 萩原 5 2 1 0
2 4 藤口 4 2 0 1
3 7 中村 4 1 2 0
4 9 小野 4 1 0 0
5 2 栗田 3 0 0 1
6 6 三品 3 0 0 0
7 3 永田 4 1 0 0
8 1 末次 3 1 0 0
PH 内川 1 1 0 0
9 8 甲本 3 1 0 0