2017年度【春季リーグ戦】

5月16日(火) 法政大学 vs 早稲田大学

試合結果

2017年05月16日 (火)  球場:早大東伏見グラウンド

早稲田大学 - 法政大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
2 0 0 0 0 0 0 2 2 6 7 1
0 2 0 0 0 1 0 1 1 5 10 1

本塁打:鈴木(WASEDA)

三塁打:吉田康佑(WASEDA)、堀(HOSEI)

二塁打:笹井(WASEDA)、中村(WASEDA)、大石(HOSEI)

戦評

早大6-5法大 初回、早稲田大学は2死から3番笹井健佑(4年=早稲田実業)が2塁打でチャンスを作ると、続く鈴木夏亥(4年=早稲田実業)が本塁打を放ち2点を先制する。2回裏、法大の先頭大石智貴(2年=静岡)が中前安打で出塁すると、そこからチャンスを広げ内野ゴロと内野安打で2点を返し、6回にさらに1点を加え逆転。 8回表、2つの四球で2死1、2塁のチャンスを作ると、7番中村大輔(3年=早大学院)が走者一掃の2点適時2塁打を放ち試合をひっくり返すと その裏、2死から大石が3塁打を放ち佐々木勇哉(2年=花巻東)が適時2塁打を放ち土壇場で試合をふりだしに戻した。 9回表、1死から途中出場の吉田康佑(4年=早稲田実業)が3塁打を放つと、相手のミスで1点追加し、さらに鈴木が試合を決める適時打を放った。その裏、法大は代打の堀皓貴(2年=鳴門)が三塁打を放つなどして1点を返すも、追いつかなかった。 早大・鈴木「積極的に打つのがスタイルなので、その時の状況というよりは、狙い球を打てたことが最高の結果を残すことが出来たと思います。」

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
黒須 6 27 6 2 3 3
杉山 3 12 4 3 0 1
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
室木 9 40 7 4 8 6

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 6 今駒 3 0 0 0
6 吉田康佑 1 1 0 1
2 4 森田 4 1 0 1
3 3 笹井 3 1 0 2
4 8 鈴木 4 3 3 1
5 9 矢坂 3 0 0 0
PH 秋元 1 0 0 0
9 加藤大 0 0 0 0
6 7 高橋 2 0 0 2
7 5 中村 3 1 2 1
8 1 黒須 2 0 0 0
1 杉山 1 0 0 0
9 2 吉田龍平 4 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 5 萩原 5 1 1 0
2 8 甲本 4 2 1 1
3 7 鳴川 5 1 0 0
4 2 栗田 3 0 0 1
5 9 石橋 3 0 0 0
6 6 大石 3 2 0 1
7 3 佐々木 4 3 1 0
8 4 三品 3 0 0 0
9 1 室木 3 0 1 0
PH 1 1 0 0