2018年度【春季リーグ戦】

5月27日(日)早稲田大学vs法政大学

試合結果

2018年05月27日 (日)  球場:早大東伏見グラウンド

法政大学 - 早稲田大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
0 0 0 2 0 1 1 0 0 4 7 1
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0

本塁打:

三塁打:鳴川(HOSEI)

二塁打:乘松(HOSEI)、三輪(HOSEI)、土倉(HOSEI)

戦評

法大4-1早大 春季六大学準硬式野球リーグは、法大が全カードを制し、完全優勝を決めた。 法政は1回に先制されるも、4回に一死満塁から乘松幹太(3年・新田)の適時二塁打で逆転する。6回に二死三塁から代打の三輪達也(4年・桐蔭)の適時打と、7回の鳴川宗志(4年・鳴門)の適時三塁打で2点を追加し、早大を突き放した。 投げては法大先発の西村勇輝(1年・日本文理)が、早大打線に対し5回1失点の好投を見せ、チームを勝利へと導いた。 乘松幹太(3年・新田) 「1年生の西村が好投してくれていたので、西村を楽にさせるためにも絶対に打ってやるという気持ちで打席に立ちました。打席に入る前に本間監督に声をかけていただいたので、気楽に打てたとも思います。チームが優勝できてよかったです。」 鳴川宗志(4年・鳴門) 「チーム一丸となって戦い抜いた結果がこの完全優勝に繋がったと思います。最後まで全力プレーしてくれた同じ4年生と後輩たちには本当に感謝しています。全日本選手権での優勝目指して、最高な仲間たちとまた一緒に頑張っていきたいです。」

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
西村 5 20 3 1 2 1
尾崎 4 13 2 4 0 0
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
大津 5 22 4 4 3 2
福川 2 10 3 1 1 2
久郷 2 6 0 0 1 0

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 3 佐々木 5 2 0 0
2 8 中川 3 1 0 0
3 7 鳴川 3 1 1 1
4 9 石橋優一郎 3 0 0 1
5 5 土倉 3 1 0 0
6 4 三品 1 0 0 2
7 2 乘松 4 1 2 0
8 1 西村 2 0 0 0
PH 三輪 1 1 1 0
PR 伊藤 0 0 0 0
1 尾崎 1 0 0 0
9 6 海津 3 0 0 1
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 5 今駒 4 1 0 0
2 4 森田 2 0 0 1
3 7 永井 4 1 0 0
4 3 中村大輔 4 1 0 0
5 9 池上 3 1 0 1
6 2 吉田 4 0 0 0
7 6 高木 3 1 0 0
8 1 大津 2 0 0 0
1 福川 0 0 0 0
PH 高山 1 0 0 0
8 曽我 0 0 0 0
9 8 阪下 2 0 0 0
PH 押尾 1 0 0 0
1 久郷 0 0 0 0