2018年度【春季リーグ戦】

5月6日(日)東京大学vs明治大学

試合結果

2018年05月06日 (日)  球場:法政多摩グラウンド

明治大学 - 東京大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
0 1 1 0 2 4 0 2 3 13 12 1
0 0 0 0 0 2 0 1 1 4 7 7

本塁打:平島(MEIJI)、佐鳥(TOKYO)

三塁打:

二塁打:田中(TOKYO)、木村(TOKYO)、中里(TOKYO)、高桒(MEIJI)

戦評

明大13-4東大 明大が快勝し連勝で勝ち点を挙げた。明大は2回に内野ゴロの間に先制するとその後も小刻みに得点を重ね、6回には4安打を集めて4得点、8回には平島嘉之(4年=明大中野八王子)の2点本塁打が飛び出すなど、計12安打13得点と東大を圧倒した。また、足を絡めた攻撃も光り竹村律生(3年=佐野日大)・谷口秀斗(1年=広陵)の1・2番コンビはそれぞれ3盗塁と躍動した。先発の前田剛志(1年=札幌第一)は5回まで無安打無失点と好投し、試合をつくった。東大は守備が乱れて先発高田泰輔(3年=淳心学院)などの投手陣を援護できず、打線は6回に3長短打で2点、9回に佐鳥蒼太郎(4年=海城)の本塁打で1点を返すなど意地を見せたが及ばなかった。 前田剛志(明大1年=札幌第一) 「今日は球が抜けていてしんどかったが奥居さん(奥居大輝捕手・3年=徳島城南)のリードもあって5回まで無失点で行けました。後半バテて球が浮いてしまったので次週の法政戦に向けて体力面をもっと強化していきたいです。」

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
前田 6 23 3 8 2 1
大野 2 9 3 5 1 1
石崎 1 4 1 2 0 1
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
高田 5 23 3 2 3 1
3 20 8 3 3 3
田中 1 7 1 2 2 0

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 6 竹村 5 0 0 1
2 4 谷口 5 1 2 1
3 5 千田 3 1 1 3
4 8 平島 5 3 4 1
5 9 小泉 5 2 1 0
PH→7 小須田 1 0 0 0
6 7 高桒 4 2 0 1
1 石崎 0 0 0 0
7 2 奥居 3 0 1 0
PH→3 小林 1 0 0 1
8 3 中村 4 1 1 0
PR 村岡 0 0 0 0
2 武田 1 0 0 0
9 1 前田 3 1 0 0
PH 高野 1 0 0 0
1 大野 0 0 0 0
PH 星野 1 1 0 0
PR→9 鈴木 0 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 9→1 田中 4 2 1 0
2 5 小澤 3 1 0 1
3 4 海老原 4 1 1 0
4 8 木村 4 1 1 0
5 3 西村 3 0 0 0
7 萩野 1 0 0 0
6 2 中村 2 0 0 1
2 佐鳥 1 1 1 0
7 6 大雲 4 0 0 0
8 1 高田 1 0 0 0
PH 能登原 1 0 0 0
1→9 2 0 0 0
9 7 居城 1 0 0 0
PH 中里 1 1 0 0
3 伊藤 1 0 0 1