2018年度【春季リーグ戦】

5月6日(日)立教大学vs慶應義塾大学

試合結果

2018年05月06日 (日)  球場:法政多摩グラウンド

慶應義塾大学 - 立教大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 H E
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 2
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2

本塁打:

三塁打:

二塁打:市野澤(KEIO)、田中(KEIO)

戦評

第1試合 慶大1-0立大 慶大が延長までもつれ込んだ息詰まる投手戦を制し星を五分に戻した。慶大先発神田裕大(3年=慶應義塾湘南藤沢)はキレのある速球に緩急を絡ませ凡打の山を築く。一方の立大先発濱崎爽太郎(4年=春日部東)も、4回一死三塁、6回一死二塁などのピンチを切り抜け本塁を踏ませない。両投手互いに譲らず試合は今季初の延長戦に突入したが、11回に慶大は鱗原成也(3年=湘南)、市野澤文太(3年=慶應義塾)の連打などで一死二・三塁とし高野佑樹(2年=慶應義塾湘南藤沢)が右犠飛を放って均衡を破った。その裏に立大は福田雅治(4年=武蔵野北)の安打などで二死一・二塁のチャンスをつくるも後続が凡退し力尽きた。神田は11回を4安打完封と圧巻の投球で今季初勝利を挙げた。 神田裕大(慶大3年=慶應義塾湘南藤沢) 「今日はストレートが走っていて押していけたことと、ピンチの時にギアを上げられたことが良かったです。」 高野佑樹(慶大2年=慶應義塾湘南藤沢) 「今まで5番で使ってもらっていたが結果を出せずにいたので最低限の仕事をしようと思いフライを狙いました。浅かったですがランナーの鱗原さんのおかげで犠牲フライになって良かったです。」

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
神田 11 40 4 6 2 0
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
濱崎 11 42 7 4 1 1

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 9 大町 5 0 0 0
2 5 鱗原 5 3 0 0
3 8 市野澤 4 2 0 1
4 7 生津 4 0 0 0
PH 城下 0 0 0 0
7 伊藤 0 0 0 0
5 2 高野 4 0 1 0
6 3 田中 5 1 0 0
7 6 酒井 4 0 0 0
8 4 工藤 4 0 0 0
9 1 神田 4 1 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 9 柏瀬 2 0 0 0
9 館山 2 0 0 0
PH 中村 1 0 0 0
2 6 佐々木 5 0 0 0
3 8 福田 5 1 0 0
4 7 4 1 0 1
5 5 今川 3 0 0 0
6 2 木村一貴 4 0 0 0
7 4 上原 3 0 0 1
8 1 濱崎 4 1 0 0
9 3 木村瞭 3 1 0 0