2019年度【春季リーグ戦】

4月14日(日) 明治大学 vs 法政大学

試合結果

2019年04月14日 (日)  球場:法政多摩グラウンド

法政大学 - 明治大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
6 2 0 0 2 1 0 1 0 12 15 1
0 0 0 1 0 0 3 0 4 8 9 0

本塁打:南(HOSEI)

三塁打:鎌田(HOSEI)、大石悠(HOSEI)、高橋良(MEIJI)、兼村(MEIJI)、永井(MEIJI)

二塁打:大石智(HOSEI)、中川大(HOSEI)、栗原(MEIJI)、永井(MEIJI)

戦評

明治に連敗している法政は臥薪嘗胆の気概の下、この第2戦に臨んだ。 明治の先発は前田(札幌第一/2年)。実力派左腕であり、明治の勝利パターンであるロースコアに持ち込む展開が予想された。 しかし今日の法政はやはり違った。 初回から法政打線が前田を捉えた。四球と中前安打で1.3塁の好機を作ると、4番土倉(遊学館/4年)の適時打で先制。 四球を挟み、依然満塁の好機、ここで迎えたのは本リーグ戦未だ安打の無い南(法政第二/3年)。3ボール1ストライクからの5球目、完全に捉えたあたりは左翼手後方を悠に越える堂々の満塁本塁打。法政打線が炸裂した。 猛撃の法政に対し明治は二番手、槻橋(生田/3年)を投入した。槻橋は重量感のある直球で打者を押すも、勢いづいた法政はしぶとく安打をつなぎ得点を重ねた。 法政の先発は西村(日本文理/2年)。 細身の長身から繰り出される投球は伸びのある速球に加えて、キレのある変化球。さらに正確無比なコントロールもあり、明治打線を翻弄し、6回をノーヒットに抑えた。 関東王者の意地を見せたい明治は7回、9回に単打、長打を繋ぎ法政を猛追する7得点を挙げるも、反撃及ばず法政が勝利。 法政が捲土重来を果たし、勝ち点への望みを第3戦へと繋げた。

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
西村 6 21 0 4 2 1
尾崎 1 7 5 1 0 3
小野寺 1 0/3 8 4 0 1 4
湯浅 3/3 2 0 0 0 0
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
前田 3 21 8 0 4 8
槻橋 3 14 5 2 0 3
新田 1 4 1 2 0 0
服部 2 7 1 1 1 1

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 5 堀江 5 1 0 1
2 6 大石智貴 4 4 2 0
3 9→3 佐々木 5 2 2 0
4 3 土倉 4 1 1 0
7 大石悠月 1 1 0 0
5 4 鎌田 3 1 0 2
6 8 中川大輔 4 2 2 1
7 7→9 5 2 4 0
8 2 乘松 5 1 0 0
9 1 西村 1 0 0 1
PH 篠崎 1 0 0 0
1 尾崎 0 0 0 0
1 小野寺 1 0 0 0
1 湯浅 0 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 6 竹村 4 0 0 1
2 4 谷口 2 0 0 0
PH→4 上戸鎖 2 0 0 1
3 3 千田 4 0 0 0
4 9 高桒 4 0 0 0
5 5 4 2 0 0
6 8 兼村 3 1 1 1
7 7 栗原 4 2 3 0
8 2 武田 1 0 0 0
PH→2 永井 3 2 2 0
9 1 前田 0 0 0 0
PH 1 0 0 0
1 槻橋 0 0 0 0
PH 荒畑 1 0 0 0
新田 0 0 0 0
PH 高橋良輔 1 1 0 0
服部 0 0 0 0
PH 鈴木 1 1 1 0