2019年度【春季リーグ戦】

4月21日(日) 慶應義塾大学 vs 法政大学

試合結果

2019年04月21日 (日)  球場:早大東伏見グラウンド

法政大学 - 慶應義塾大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 7 3
1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 8 1

本塁打:

三塁打:大塚(KEIO)

二塁打:

戦評

慶應は1回裏、法政先発のルーキー・春(静岡/1年)の立ち上がりを攻め、二死三塁から4番小倉(市川/2年)の中前打で先制に成功する。 対する法政は5回表、一死二塁から8番乘松(新田/4年)の右安打で1点を返し、さらに送りバント、暴投で二死三塁とすると、1番堀江(高崎健康福祉大学高崎/2年)の中前適時打で2-1と勝ち越しに成功する。 春は走者を出しながらも要所を締め、7回途中まで1失点の好投、勝ち投手の権利を持って降板した。しかし慶應は春の後を継いだ湯浅(國學院久我山/2年)を攻め、一死一、三塁から2番酒井(桐朋/3年)の二ゴロの間に1点を返して2-2の同点に追いつく。 これ以上点を取られたくない法政は8回にエースの尾崎(鳴門/3年)を投入、ランナーを出すものの後続を断ち0点に抑える。 慶應の2番手・出町(慶應義塾/4年)も法政打線を危なげなく抑え、同点のまま試合は延長に突入した。 10回裏、慶應は3番大塚(一宮/4年)が中越三塁打で出塁し一死三塁のサヨナラのチャンスを作ると、4番小倉の右犠飛で試合を決めた。 慶應が終盤に意地を見せ対戦成績を一勝一敗とし、勝ち点の行方は第3戦に持ち越された。

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
6 1/3 27 6 2 1 1
湯浅 0 2/3 3 1 0 0 0
尾崎 2 2/3 10 1 0 0 1
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
古澤 5 21 5 2 2 2
出町 5 18 2 2 1 0

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 5 堀江 5 1 1 0
2 6 大石智貴 4 2 0 1
3 9 佐々木 5 0 0 0
4 4 鎌田 4 1 0 0
5 3 土倉 4 0 0 0
6 7 4 2 0 0
7 8 中川 4 0 0 0
8 2 乘松 4 1 1 0
9 1 0 0 0 2
1 湯浅 0 0 0 0
1 尾崎 1 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 9 川合 5 1 0 0
2 6 酒井 5 0 1 0
3 5 大塚 5 2 0 0
PR 井上 0 0 0 0
4 3 小倉 4 1 2 0
5 8 市野澤 4 1 0 0
6 2 髙野 4 1 0 0
7 4 大野 1 0 0 1
4 水澤 1 0 0 0
PH 生津 1 0 0 0
4 工藤 0 0 0 0
8 7 合田 4 2 0 0
9 1 古澤 1 0 0 0
PH 中村 1 0 0 0
1 出町 1 0 0 0