2019年度【春季リーグ戦】

5月19日(日) 立教大学 vs 慶應義塾大学

試合結果

2019年05月19日 (日)  球場:早大東伏見グラウンド

慶應義塾大学 - 立教大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 H E
0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 0 4 9 2
0 0 1 0 0 3 0 0 0 0 1x 5 10 1

本塁打:

三塁打:

二塁打:小倉(KEIO)、髙野(KEIO)

戦評

慶應は2回二塁打と単打で好機を作ると、7番高野(慶應義塾湘南藤沢/3年)の左越二塁打で2点を先制した。序盤から追う展開となった立教は安打や四球を足がかりに再三好機を作るものの、慶應先発の神田(慶應義塾湘南藤沢/4年)が要所を締めて、得点に繋がらない。このまま慶應が逃げる切ると思われた。しかし野球ほど流れが変わりやすいスポーツはない。 整備後の6回、先頭浅井(北見北斗/3年)が安打で出塁すると それまで好投を続けてきた神田が崩れ始め、四球により満塁の好機を迎えた。これを逃さなかった立教は犠牲飛球と右安打により3点を奪取、試合をひっくり返した。 しかし皮肉にも流れの変化は慶應にも利する形となった。8回、継投の松原(立教新座/3年)が突如乱調。四球を連発し好機を与え、慶應が2点を追加し、試合は振り出しに戻った。 このまま試合は膠着状態のまま延長戦に突入した。両チームの投手が踏ん張りなかなか得点に繋がらない展開となった。試合の幕切れはあっけなかった。8回のピンチで急遽登板し、耐えて来た大森(柏南/2年)が内野安打で出塁すると 佐々木(立教新座/3年)は一二塁間にライナーを放った。これを二塁手が好捕したかと思われたが、捕逸。 さらに悪送球となりテイクツーベース。二塁走者が生還し、サヨナラとなった。 立教は二連勝で勝ち点を獲得した。

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
神田 6 29 6 0 4 4
出町 4回2/3 18 4 2 1 0
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
竹生 3 13 4 2 0 2
八十川 1 3 1 0 0 0
泰道 2 7 1 1 1 0
松原 1回0/3 7 1 2 4 2
大森 3回3/3 15 2 1 0 0

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 9 高田 4 0 0 1
2 7 生津 4 0 0 1
3 5 大塚 3 1 0 2
4 3 小倉 4 1 1 0
5 8 市野澤 5 2 1 0
6 6 酒井 5 2 0 0
7 2 髙野 5 1 2 0
8 4 服部 2 1 0 0
PH 諏訪内 0 0 0 1
PR→4 工藤 1 0 0 0
PR→4 水澤 1 0 0 0
9 1 神田 2 1 0 0
PH 田中 1 0 0 0
1 出町 1 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 3→9 高橋 6 3 2 0
2 6 佐々木 6 1 0 0
3 7 今川 4 1 0 0
PR 高野 0 0 0 0
7 近藤 1 0 0 0
4 5→3 浅井 5 2 1 0
5 8 高岡 3 0 0 2
6 4 上原 3 1 0 0
7 2 坂井 3 0 0 2
8 9 大戸 2 0 0 0
PH→5 市野 2 0 1 0
9 1 竹生 0 0 0 0
PH 竹内 1 1 0 0
1 八十川 0 0 0 0
PH 石倉 1 0 0 0
1 泰道 0 0 0 0
PH 峯岸 0 0 0 1
PR 天野 0 0 0 0
1 松原 0 0 0 0
1 大森 2 1 0 0