2019年度【春季リーグ戦】

5月7日(火) 法政大学 vs 東京大学

試合結果

2019年05月07日 (火)  球場:早大東伏見グラウンド

東京大学 - 法政大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 4
2 0 2 0 0 1 0 1 × 6 10 1

本塁打:

三塁打:

二塁打:中川(HOSEI)、堀江(HOSEI)、石下(HOSEI)

戦評

悲願の勝ち点獲得の機会を2回も逸している東大、ここまで首位をひた走り、その地位を盤石にしたい法政。東法第3戦はお互いの思惑が入り交じりながらも、両軍決して譲れない試合であった。 東大の先発は布施(筑波大付属駒場/2年)、一方の法政の先発は先日好投を見せた春(静岡/1年)。フレッシュな顔ぶれとなった。 試合は1回から早速動きを見せた。東大打線を春が3人できっちり抑えると、先頭が四球と牽制暴投で三塁に到達すると中川(日大三/3年)の適時打で先制、さらに走者を溜めた場面で東大の失策が出て追加点を入れた。 更に3回、法政は四球、安打で好機を作ると、鎌田(鳴門/3年)の犠牲飛球で追加点を加えリードを広げた。 東大は4回から先日の法政戦で好投を見せた萩野(桐蔭中等/3年)を投入し、立て直しを図る。これが功を成し、試合は両軍無得点が続く。この機に流れを手繰り寄せたい東大だったが先発春の変化球主体の投球の前に8回までランナーを二塁にも進めない状況であった。9回に楠(大宮/4年)、田中(浅野/3年)の安打で1点返すも、時すでに遅し。法政が首位の貫禄を見せた。3度目の正直とならなかった東大は残り1カード意地を見せて何としても勝ち点を獲得して欲しい。

投手成績

打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
布施 4 20 4 2 4 4
萩野 2 9 2 1 0 0
2 11 4 2 0 1
打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
9 33 3 3 4 0

打者成績

打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 8 木村 4 0 0 0
2 7 山本 2 0 0 1
PH 和田 1 0 0 0
3 5 海老原 3 0 0 1
4 3 伊藤 3 0 0 0
1 1 1 0 0
5 9 田中 4 1 0 0
6 4 中里 3 1 0 0
3 能登原 1 0 0 0
7 6 大雲 2 0 0 1
8 2 中村 2 0 0 1
9 1 布施 1 0 0 0
1 萩野 1 0 0 0
3 加賀見 0 0 0 0
PH 宮島 1 0 0 0
4 高木 0 0 0 0
打順 守備 名前 打数 安打 打点 四死球
1 5 堀江 3 1 1 1
2 8 中川 4 2 2 1
3 9 佐々木 5 2 0 0
4 4 鎌田 4 0 1 0
5 3 土倉 3 1 0 1
6 7 4 0 0 0
7 大石悠月 0 0 0 0
7 2 堀尾 4 1 0 0
8 6 石下 4 3 0 0
9 1 2 0 0 1